追加オプション

LitExtensionは常に、移行エクスペリエンスを向上させるための革新性を求めています。この理由から、私たちはあなたの困難を解決するための追加の選択肢を提供しています。

各追加オプションが移行に関する問題の解決

ここでは、各追加オプションが移行に関する問題の解決にどのように役立つかを説明します:

1. 移行前にターゲットストアのデータを削除

このオプションでは、選択した移行エンティティに応じてデータ(ターゲット・ストア上)を削除できます。これは、移行プロセス中のデータの混在と重複を避けるためです。

たとえば、 「Products」 と 「Taxes」 をソース・ストアからターゲット・ストアに移行する場合、このオプションを選択すると、移行の開始後にターゲット・ストア上の類似エンティティが自動的に消去されます。

注意:このオプションは、ターゲットストア上の既存のデータ(移行することを選択した)をすべて消去します。完了したアクションは元に戻せないため、移行を開始する前にバックアップを作成することを強くお勧めします。

2. ターゲットストアの製品、注文、顧客IDを保持

このオプションを使用すると、製品、顧客、注文のIDは、ソース・ストアと同様にターゲット・ストアに保持されます。このオプションは、移行後もエンティティ間の接続を維持するために必要です。さらに、製品、顧客、注文を簡単に管理できます。

例:Source StoreにID#1983の製品があるとします。製品は同じID#1983でターゲットストアにマイグレーションされます。ただし、このオプションが選択されていない場合、ターゲットストアのプロダクトIDはその構造に従って自動的に生成され、ソースストアのプロダクトIDとは異なります。

注意:このオプションを使用する場合は、「移行前にターゲットストアの現在のデータをクリア」を選択する必要があります。

製品、注文、および顧客IDの保存方法については、次のビデオを参照してください。

 

サポートされるターゲットストア:Magento、Prestashop、OpenCart、Shopify 「ターゲットストアのカテゴリIDを保持」の

価格:$19

3. ターゲットストアへの301リダイレクトの作成

このオプションを使用すると、移行中に古いストアのURLを新しいストアに自動的にリダイレクトできます。その結果、Webサイトの再構成後もSEOランキングと顧客満足度を維持できます。詳細はこちら

サポートされていないターゲットストア:Prestashop、OpenCart

価格:$19

4. 顧客パスワードの移行

LitExtensionは、顧客のパスワードを現在のEコマースプラットフォームから新しいプラットフォームに移行するのを援助します。このオプションを使用すると、パスワードをリセットしたり新しいアカウントを作成したりすることなく、再プラットフォーム化後に通常どおり新しいWebサイトにログインできます。詳細はこちら.

サポートされていないターゲットストア:Shopify、BigCommerce、3 dCart、Neto

5. オプションの組み合わせに基づいて製品バリエーションを作成する

これにより、移行中にソース・ストア内のオプションを持つ単純な製品がターゲット・ストア内の構成可能/バリアント製品に変換されます。

例えば、OpenCartからMagentoに移行する場合、OpenCartにはオプション付きのシンプルな製品しかありませんが、Magentoで設定可能な製品に変換したい場合、このオプションが役に立ちます。

価格:$35

6. 製品およびカテゴリSEO URLの移行

このオプションを使用すると、ソースストアからターゲットストアに製品とカテゴリのURLを移行できます。維持されたURLは、あなたが何年も積み上げてきたSEOランキングを維持するのに役立つでしょう。詳細はこちら。.

サポートされていないターゲットストア:Shopify

価格:$19

7. 製品、カテゴリ、ブログ投稿の説明から画像を移行

このオプションを使用すると、製品、カテゴリ、およびブログ投稿の説明の画像を移行できます。

価格:$39

8. ターゲットストアの製品数量を変更

このオプションは、フロントエンドに「在庫あり」ステータスを表示するために、在庫切れの製品の数量を100に一括変更します。

価格:$29

9. 追加画像を移行する

追加画像を使用すると、製品をさまざまな角度で表示できます。このオプションを使用すると、サムネイル画像だけでなく、製品の追加画像を転送できます。

10. 短い説明と完全な説明の移行

このオプションは、短い説明と完全な説明の両方を同じ説明フィールドに転送します。

11. 製品SKUの移行Migrate Product SKUs

これにより、製品のSKUをTarget Storeに転送できます。

12.請求書、クレジット・メモおよび出荷のターゲット・ストアへの移行

このオプションを使用すると、請求書、クレジット・メモ、出荷および運送業者をTarget Storeに移行できます。これは、MagentoからMagentoへの移行とPrestashopからPrestashopへの移行にのみ適用できます。

13. ソース・ストア顧客グループを顧客タグに移行

Shopifyは顧客グループ機能をサポートしていないが、タグを使って顧客を管理することができます。そのため、このオプションはShopifyで顧客グループを顧客タグに移行するのに役立ちます。次に、タグに従って顧客をフィルタリングできます。

サポートされるターゲットストア:Shopify

14. ソーストアカテゴリをShopify Automated Collectionsに移行する

Shopifyにはサブカテゴリーはなく、コレクションを提供します。そのため、Shopifyへの移行中にこのオプションを選択すると、サブカテゴリを含むすべてのカテゴリがShopifyコレクションに移行されます。

それに加えて、このオプションはあなたの製品に自動的にタグを追加します。その結果、製品タグからサブメニューを作成することで、ソースストアと同様にサブカテゴリを表示できます。

製品カテゴリとサブカテゴリをShopifyに移行する場合は、このオプションを選択することを強くお勧めします。これにより、すべての製品を手動でコレクションに配置する手間が省けます。

サポートされるターゲットストア:Shopify

Copyright © 2011 - 2020 LitExtension.com. All Rights Reserved.